浜田雅功 おもちゃゲームで後輩と対決、だるま落としではまさかの結末

[ 2020年6月5日 17:20 ]

MBSテレビ「ごぶごぶ」で「番犬ガオガオ」を楽しんでいる浜田雅功
Photo By 提供写真

 MBSテレビ「ごぶごぶ」(火曜後11・56)の9日放送はダウンタウン・浜田雅功(57)が後輩芸人たちを集め、おもちゃのゲームで真剣対決。浜田が白熱しすぎて崩壊するシーンも見られる。

 前回2日に続いて、広いスタジオを貸し切って“ごぶごぶ流”のソーシャルディスタンスをとっての収録。ライセンス・井本貴史(42)、どりあんず・平井俊輔(41)、堤太輝(41)、天竺鼠・瀬下豊(40)、チーモンチョーチュウ・菊地浩輔(38)らプライベートでも浜田と仲のいい後輩芸人と1時間、ゲームを楽しんだ。

 最初は、昔ながらの定番「だるま落とし」。だるまを叩くのに慎重になりすぎるあまり、なかなかゲームが進まず、浜田もイライラ。「そんなに言うなら見せてください」と後輩たちに言われ、浜田は張り切ってだるまを叩いたが、まさかの赤面必至の結末に。ついには後輩たちに逆ギレする始末だ。

 「番犬ガオガオ」でも、ルールが分からず後輩芸人たちはもたつき、浜田の怒号がサク裂。しかし、浜田の番になると、後輩たちは大爆笑する。ゲームは白熱。すると、前回「出前館」で注文した昼食が到着。後輩に勝手に頼まれたメニューを、浜田は文句を言いながら食べる。最後の対決では「自粛して浜田さんがおかしなった」と後輩芸人一同が困惑。浜田がヤバすぎる姿を見せてしまう。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年6月5日のニュース