上戸彩 恩師との16年ぶり再会に感無量、長年の疑問直撃「ボロボロになった私をなぜ?」

[ 2020年6月5日 21:02 ]

女優の上戸彩
Photo By スポニチ

 女優の上戸彩(34)が5日放送のTBS「爆報!THEフライデー」(金曜後7・00)にVTR出演。16年ぶりに恩師と再会を果たし、感無量の表情を見せた。

 上戸が女優として一躍知名度を上げたのが、2001年の同局「3年B組金八先生・第6シリーズ」。性同一性障害の生徒・鶴本直役を演じ大きな反響を呼んだ。ドラマに出演する前、女優業は「ウソをつく仕事」と思っていたそう。「女優って仕事が好きじゃなかった」と、当時の心境を率直に打ち明けた。

 事務所のすすめで「金八先生」のオーディションを受けた。「うまくいかなくて、泣いちゃったら止まらなくなっちゃって。号泣で終わったオーディションでしたね」と上戸。その様子を見て、上戸の起用を強くプッシュしたのが、脚本を担当した小山内美江子さん(90)だったという。

 悪戦苦闘しながらも、難役を見事に演じ切った。ドラマの放送終了後、性同一障害への悩みを持つ視聴者から「胸を張って生きていけるようになります。あの時死ななくてよかった」などと記された手紙が多数、届いた。

 「誰かの命を救えたりとか、人生を変えることが出来る役に出会えるかってことは、あるかないかだと思うので、大事な作品ですし、転機となった作品」と表現した上戸。その後、人気女優としての地位を築き、「小山内さんがいないと鶴本直もいないので、鶴本直がいないと、今の私もいない」と続けた。

 感謝の言葉を紡いだ上戸は、ケア施設に入居中の小山内さんの元を訪れた。2004年にイベントで共演して以来、久しぶりの再会だ。「誰だ?」といきなりジャブを放つ小山内さんに苦笑しきりの上戸だったが、「2児の母、良かったね。おめでとう。大きくなるもんだね」と祝福され、ほおを緩めた。

 上戸が長年気になっていたこと。金八先生のオーディションで「ボロボロになった私をなぜ選んでいただけたのか?」だった。そのことを直撃すると、小山内さんは、「ボロボロになっただけじゃなくて、その日会った子として覚えているから。いいなあって思ってね、こういう子っているんだなって思って。爽やかですがすがしくて。そういう感じが出なかったらあなたにあの役はいかなかった。ご縁です」。

 「全てに感謝します」と返し、感無量の表情を浮かべた上戸。小山内さんから直筆の手紙も受け取り「宝物です」と喜んだ。ラストに、番組スタッフが小山内さんに再会を果たした感想を問うと「うれしいに決まっているじゃないの、オマエはアホか!?」。毒舌で締めくくる恩師の姿に、上戸は無邪気な笑みを浮かべ、手を叩いて喜んだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年6月5日のニュース