山田邦子 突然の訃報に「つらい、つらすぎます」自身は13年前、岡江さんは昨年乳がん手術

[ 2020年4月23日 16:14 ]

山田邦子
Photo By スポニチ

 女優の岡江久美子(おかえ・くみこ)さんが23日、新型コロナウイルスによる肺炎で死去した。63歳。所属事務所が発表した。岡江さんは今月3日に発熱し、6日に容体が悪化したため都内の大学病院へ入院。23日午前5時20分に亡くなった。昨年末には初期の乳がん手術を受けていた。

 突然の訃報を受け、タレントの山田邦子(59)は自身のブログを更新。

 「いやーー!!岡江久美子さんが………絶句です」と書き出すと「放射線治療は毎日病院に通うのでどこでどう感染したのかはわかりませんが、おそらく乳がん手術は成功したから放射線治療に進んだはずだから、残念過ぎます」と2007年に乳がん手術を受けた自身の経験もふまえ「最後までがんばったんだと思います。つらい、つらすぎます」と悲痛な思いをにじませた。

 山田はその後、再度ブログを更新。「岡江さん、銀座のクラブにもゴルフ場にも、行ってなかったって。タバコも吸ってなかったって。煙を吸わないように気をつけてたって。がん治療がんばってたって。遺骨になるまで会えないって。遺骨になっても、ご家族も濃厚感染者なのでしばらくはダメだって。悲しい」とつづった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月23日のニュース