笠井信輔アナ 岡江久美子さん悼む、自身も抗がん剤治療受け免疫力低下「とても不安です」

[ 2020年4月23日 19:08 ]

笠井信輔アナウンサー
Photo By スポニチ

 女優の岡江久美子(おかえ・くみこ)さんが23日、新型コロナウイルスによる肺炎で死去した。63歳。所属事務所が発表した。岡江さんは今月3日に発熱し、6日に容体が悪化したため都内の大学病院へ入院。23日午前5時20分に亡くなった。昨年末には初期の乳がん手術を受けていた。

 訃報を受け、血液のがんと言われる「悪性リンパ腫」を公表して闘病中の元フジテレビでフリーの笠井信輔アナウンサー(57)は、自身のインスタグラムで「岡江久美子さんが…コロナウイルスで亡くなられたなんて。信じられません。お会いする時はいつも笑顔でとても明るく、気さくに話しかけてくださいました」と故人を悼んだ。

 また「12月末に乳がんの手術を受けられて、年明けから放射線治療。免疫力の低下が重症化の要因と事務所が発表したようです」と乳がん手術による免疫力の低下に触れ「がんの種類は違えど、治療時期がほとんど一緒です 私も強い抗がん剤治療を受けていますので、免疫力が低いんです。他人事ではありません とても不安です。ご冥福をお祈りします」と同じがん治療中の身として悲痛な思いをにじませた。

 さらに「いろんなことがあって 明日『とくだね!』に生出演することになりました。よろしくお願い致します」とフジテレビ「とくダネ」(月~金曜前8・00)に生出演することも報告した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月23日のニュース