ヨネスケ 胃腸が不調も、新型コロナ禍感染リスクを考え病院に行けず 「我慢かな…」

[ 2020年4月23日 15:33 ]

タレントのヨネスケ
Photo By スポニチ

 落語家のヨネスケ(72)が23日、フジテレビ「直撃LIVE グッディ!」(月~金曜後1・45)で、胃腸の不調を訴えながらも新型コロナウイルス感染を危惧して通院できない状況にあることを明かした。

 番組では、慶大病院で今月13~19日に、新型コロナウイルス感染症以外の治療で手術や入院する予定の患者67人にPCR検査を行ったところ、約6%に当たる4人が陽性反応を示した。いずれも無症状だったため。院外や市中での感染が考えられるという。

 このデータに安藤優子キャスター(61)が「軽々に病院へ行くな、というのは、こういうこともある訳ですよ。自分たちが感染している可能性があるかもしれない。病院を危険にさらす可能性もあるんですよ、他の患者さんを」とコメントを求めると、ヨネスケは「そうですよね。僕も今、胃腸の調子が良くないんですが、ちょっと我慢してます」と告白。

 通院しない理由を「(もしかしたら自分が隠れコロナで病院へ)行って迷惑をかけちゃいけないし、また(コロナに感染してなくても病院で)僕がもらうかもしれないリスクがあったりしますので」とし、胃腸については「コロナ(の感染症状)から見たら、ちょっと大したことない」と強調。「もうちょっと我慢かなって…我慢している感じですね」と複雑な思いを伝えた。

 女優の中山エミリ(41)は「どうしても、お薬を続けて飲まなきゃいけないから、もらいに行かなきゃいけないとか、いろんな事情があるので。今までとは違う方法でお薬とかをもらえる状況になったりすると、こういうリスクは減りますよね」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月23日のニュース