ヒロミ 松本伊代と結婚時に「離婚なし」鉄の掟 「選択肢がないから…」

[ 2020年4月23日 14:29 ]

タレントのヒロミ
Photo By スポニチ

 タレント・ヒロミ(55)が23日、元AKB48の高橋みなみ(29)がパーソナリティーを務めるTOKYO FM「高橋みなみの『これから、何する?』」(月~木曜後1・00)にゲスト出演し、妻のタレント松本伊代(54)との結婚当初に決めた「鉄の掟」を明かした。

 新型コロナウイルスの感染拡大で、リスナーから恋人との「コロナ破局」の悩み相談が寄せられると、ヒロミは「今ずっと一緒にいるから離婚が増えるとか、DVが増えるとかいろいろ言われてますよね。だけど、うちは意外と何もなくて、楽しんでるんですよね」と、家族生活の円満ぶりを明かした。松本は特に喜んでいるそうで、「ここのところ家族一緒なので、うちのママはとにかく喜んでて『毎日朝から晩まで一緒にいられる』って言って。面白いですよ、盛り上がって」と続けた。

 高橋から「仲良く一緒にいられる秘訣はありますか?」と聞かれると、ヒロミは「最初は『ごっこ』でもいいから、無理くりでも『ありがとう』とか『ご飯うまいな』とか、もし本音じゃないとしても、そんなことを言っていると相手も嫌な気持ちにならないから、盛り上がるんだよね」と答えた。

 松本とは93年に結婚し、結婚生活は28年目に入った。「僕は結婚した時に『離婚がない』っていうのを決めたので」と、驚きのマイルールを明かした。

 高橋が「えー!」と驚きの声を挙げると、ヒロミは「もめてると、離婚したくなるじゃん。だから、もめないように、それも含めて(結婚生活)だというふうにして。離婚があると、『何かあったら、嫌だったら別れちゃえばいいや』とか、『お前、ほんと別れるわ』ってことになるけど、離婚がないとなると、それを克服する何かを考えなくちゃいけない。選択肢がないから」と理由を説明した。さらに「別れるという選択肢がないから、仲良くするしかない。仲良くするのだったら、楽しむしかないから、というのが僕のやり方なんですけど」と、究極の夫婦円満法を明かした。

 離婚という終わりを完全排除したヒロミ夫妻の結婚生活に、昨年、結婚した新婚の高橋も「ヒロミさんの家の『本』の結末に、『離婚』がないのがもうね…。この本を読んでいたいなってなりますもん」と感銘を受けた様子だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月23日のニュース