ダチョウ倶楽部、志村さんを「アイーン!」で追悼 ネット「もらい泣き」「ジーンときた」

[ 2020年4月23日 23:16 ]

お笑いトリオ「ダチョウ倶楽部」の(左から)寺門ジモン、肥後克広、上島竜兵
Photo By スポニチ

 お笑いトリオ・ダチョウ倶楽部の上島竜兵(59)、肥後克広(57)、寺門ジモン(57)が、23日放送の日本テレビ「ダウンタウンDX」(木曜後10・00)に出演。新型コロナウイルス肺炎のため3月29日に70歳で亡くなったタレントの志村けんさんとの思い出を語った。

 寺門は舞台「志村魂」で、稽古中に志村さんが全員に配ったというオリジナルTシャツを着用して出演。「志村さんがいるみたいで、ちょっと気持ちがグワーッとなります」としみじみと語った。上島は、ビートたけし(73)と志村さんがタッグを組んだ「神出鬼没!タケシムケン」にゲスト出演した当時を振り返り、肥後は、志村さんに唯一怒られたというエピソードを告白。志村さんの自宅に泥棒が入った際に電話をかけなかったことを怒られ「志村さんは意外にかまってちゃんだったんですね」と明かした。

 肥後は「志村さんとコントをした20何年は僕の宝物です。またいつの日か志村さん、お会いしましょう」と呼びかけ、最後は3人で志村さんの代名詞ギャグ「アイーン!」で追悼。これに対しネット上では「ダチョウ倶楽部、特に上島竜兵さんにもらい泣きした」「ダチョウ倶楽部を観て泣いたのは初めて」「ダチョウ倶楽部のみなさんのコメント聞いた瞬間泣ける」「ジーンときた」と多くの反響が寄せられた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月23日のニュース