近藤春菜 専門家会議の接触8割減「10のポイント」に「これをやれば早く収束…希望を持って」

[ 2020年4月23日 13:31 ]

「ハリセンボン」近藤春菜
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ハリセンボン」の近藤春菜(37)が23日、日本テレビ系「スッキリ」(月~金曜前8・00)に出演。政府が22日に専門家会議を開き、人との接触を8割減らすために「10のポイント」を提言したことについてコメントした。

 提言では、大型連休中は自宅で過ごし「帰省はビデオ通話などのオンラインで」とし、人の集まりがちなスーパーや商店街では混雑時に入場制限をすることを求めた。また、「飲食は持ち帰り、宅配も」「飲み会はオンラインで」「会話はマスクをつけて」「仕事は在宅勤務」などとしている。

 春菜は「皆さん“早く収束させたいね”とか“早く会いたいね”とか言うんですけど、早く収束させるにはこの10のポイントを守らないと早くはできないので、まずこれを守るということ」と主張。そして「“いつ収束するか分からないからストレスがたまるから外出ちゃおうよ”とか、そういうことが遅らせるわけで、そういうストレスからいろんな人を叩いてしまったりとか、なんか変な行動を生んでしまうので、とりあえず冷静に自分がこれをやれば早く収束するかもしれないんだっていう希望を持って、これを守るしかない」と強調した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月23日のニュース