大竹まこと、ラジオ放送中の岡江久美子さん訃報に絶句「驚いちゃって…」

[ 2020年4月23日 16:30 ]

タレントの大竹まこと
Photo By スポニチ

 女優の岡江久美子(おかえ・くみこ)さんが23日、新型コロナウイルスによる肺炎で死去した。63歳。所属事務所が発表した。岡江さんは今月3日に発熱し、6日に容体が悪化したため都内の大学病院へ入院。23日午前5時20分に亡くなった。昨年末には初期の乳がん手術を受けていた。

 タレントの大竹まこと(70)は、パーソナリティーを務める文化放送「大竹まこと ゴールデンラジオ!」(月~金曜後1・00)で岡江死去の一報に声を詰まらせた。

 番組中に岡江さんの訃報が伝えられると、大竹は「驚いちゃって…」と衝撃を隠せない様子だった。

 番組では、韓国政府が新型コロナ対策として国防費を削減することを閣議決定したニュースが取り上げられ「やっぱりさ、政治ってこういうことができること」「動いてる。凝り固まった政策じゃない」と自身の考えを話し「軍備ももちろん大事だけど、感染症予防とかウイルスのことに対するお金を、感染しないための施設を、日本はどんどん予算を減らしてきたんだけど、ちゃんと準備しておけばよかったじゃないか」と持論を展開した。

 また、新型コロナの影響で学生のアルバイト収入が減っているとされるニュースへは「もうちょっと別の援助が必要だよなあ。考えなくちゃいけないと思うけどね。」と苦言を呈した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月23日のニュース