薬丸 岡江さん訃報直後、気丈にTV生出演 昨年8月の2ショットにコメント殺到「悲しすぎる」

[ 2020年4月23日 19:19 ]

薬丸裕英
Photo By スポニチ

 女優の岡江久美子さんが23日、新型コロナウイルスによる肺炎で死去した。63歳。所属事務所が発表した。岡江さんは今月3日に発熱し、6日に容体が悪化したため都内の大学病院へ入院。23日午前5時20分に亡くなった。昨年末には初期の乳がん手術を受けていた。

 1996年9月から2014年3月まで17年半にわたって岡江さんとともにTBS「はなまるマーケット」の司会を務めたタレントの薬丸裕英(54)は同日、木曜MCを務めるテレビ東京「よじごじDays」(月~金曜後3・40)に生出演。この日は「よじごじ学校再開!親子で楽しく予習復習」という内容で、いつも通りの笑顔で番組を進行し、岡江さんについては最後まで触れなかった。

 岡江さんと薬丸は1996年9月30日から2014年3月28日まで17年半に渡ってTBS「はなまるマーケット」の司会を務めた。番組終了後も親交は続き、薬丸は岡江さんが63歳の誕生日を迎えた昨年8月23日には「岡江さんの誕生日」のタイトルで更新したブログで「昨晩はなまるマーケットのスタッフと一緒にお祝いしました」とつづり、真っ赤なバラのプリザーブドフラワーの写真を掲載。インスタグラムにはそのバラを手に笑みを浮かべる岡江さんと薬丸の2ショット写真も掲載した。

 岡江さんと薬丸の最後の2ショット写真となったインスタには、訃報が伝えられた後、ファンからのコメントが殺到。「悲しすぎる」「まだ天国に行くの早すぎます」「この画像の愛くるしい笑顔の岡江さんをもうテレビで拝見することができないなんてコロナが憎い!」といった声のほか、「薬丸さん大丈夫でしょうか?」「やっくん、なんて言葉をかけて良いか見つかりません」と薬丸を気づかうコメントもあった。
 

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月23日のニュース