堀江貴文氏、小池都知事のスーパー入店規制検討に「自粛厨の言いなり」

[ 2020年4月23日 07:41 ]

堀江貴文氏
Photo By スポニチ

 実業家の堀江貴文氏(47)が23日、自身のツイッターを更新。東京都の小池百合子知事が、新型コロナウイルス特別措置法の緊急事態宣言後に問題化している商店街やスーパーの混雑を解消するため入店制限を検討していることを批判した。

 小池都知事は22日、買い物に行く人数の絞り込みや時間帯を分けるなど都としてのルールを23日に発表すると明らかに。人が集まるのを避けるため「時間帯を分けたり、家族の中で代表1人を決めたりするなどルールを厳しめに設けることが必要だ」と強調し、専門家の意見を聞いて同日午後にも公表する方向で調整する。

 堀江氏はスーパーの入店規制が検討されたことを報じる記事を引用し、「マジでこいつクソの極みだな。自粛厨の言いなり」と小池都知事を痛烈に批判。フォロワーから「堀江さん、雑多なスーパー行かないしょう!?ホント凄いんですから」という声が寄せられると、「スーパー、コロナ期間に何度も行ってるけど全然密集したことないんだけど笑」と返信した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月23日のニュース