小倉智昭氏 都のスーパー混雑解消ルールづくりに持論「スーパーは利益が出ているはず…人をさらに雇って」

[ 2020年4月23日 11:34 ]

小倉智昭氏
Photo By スポニチ

 キャスターの小倉智昭氏(72)が23日、MCを務めるフジテレビ「とくダネ」(月~金曜前8・00)に出演。東京都の小池百合子知事が問題化している商店街やスーパーの混雑解消のため、買い物に行く人数の絞り込みや時間帯を分けるなど都としてのルールを23日に発表すると明らかにしたことに言及した。

 ルールの具体的な内容は23日に専門家の意見を聞いて取りまとめ、同日午後に発表する方向で調整。都の関係者によると、イニシャルや生まれ月などの基準を設けて時間帯を分け、来店者が集中しないよう協力を求める案も検討しているという。大阪府もスーパーの入店制限について具体的な方法が固まり次第、週内にも事業者側に要請する予定。

 小倉氏は「国や自治体がスーパーでの買い物の仕方をコントロールする方法を決めるっていうことは僕はおかしいと思うんだよね。やっぱり場所や環境などによって違うわけじゃないですか、いろいろなお店によって」と指摘。その上で「今、スーパーは利益が出ているはずですから、人をさらに雇ってっていうことは可能だと思う。そういう人員を配置して、自分たちがお客さまに向けてコントロールをするっていうのが当然のような気がするし、お客さまも自分たちでもっと気を付ければいいことだと思うんですよね。それができない国民じゃないと思うんだけどなあ」と持論を述べた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月23日のニュース