坂上忍、岡江久美子さん訃報に「早すぎます」自宅療養中に容体急変「これは怖い」

[ 2020年4月23日 21:44 ]

俳優の坂上忍
Photo By スポニチ

 俳優の坂上忍(52)が23日、MCを務めるフジテレビの「直撃!シンソウ坂上」(木曜後9・00)に生出演。新型コロナウイルスによる肺炎のため63歳で死去した女優の岡江久美子さんを悼み、「早すぎますよね」と嘆き悲しんだ。

 番組序盤に岡江さんの訃報を伝えると、坂上は「早すぎますよね、うーん…」と険しい表情で「発熱してから自宅療養していて、容体が急変して…」とコメント。

 坂上はゲスト出演した感染症の専門家である昭和大学客員教授の二木芳人氏に対して「自宅にいてください、療養してくださいと言われていて、容体が急変する。これはちょっと、僕らからすると怖いことだと思います」と打ち明けた。

 この日、坂上はブログで「今さっき、聞いたのですが…ちょっと、言葉にならないです。どうしたら、いいんだろう。心の整理を、どうつければいいのか。よく、わからなくなってしまいました」と沈痛な思いを記した。

 事務所によると、岡江さんは3日に発熱し、4~5日様子を見るようにいわれ自宅療養していたが、6日朝に容体が急変。都内の病院に緊急入院した。ICUにて人工呼吸器を装着し、その後PCR検査で陽性と判明。懸命な治療を続けたが、完治にいたらなかった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月23日のニュース