ジャニーズ事務所、中居退所発表でコメント「これまでの貢献に対する感謝の言葉と共に送り出したい」

[ 2020年2月21日 19:47 ]

ジャニーズ事務所
Photo By スポニチ

 タレントの中居正広(47)が21日、都内で会見を開き、1986年に14歳で所属したジャニーズ事務所を3月末で退所すると発表した。ジャニーズ事務所は公式サイトにコメントを掲載。中居の独立を報告し、「これまでの貢献に対する感謝の言葉と共に送り出したい」とねぎらった。

 「この度、中居正広は2020年3月31日をもちまして、独立することとなりました。ジャニーズJr.として入所してからの約34年間、SMAPのメンバー、そしてソロのタレントや俳優としての活動を支えてくださったファンの皆さま並びに関係者の皆さまに心より感謝申し上げます」とコメント。

 「私共は昨年春より話し合いを重ね、彼の決断を尊重し、これまでの貢献に対する感謝の言葉と共に送り出したいと思います。皆さまにおかれましてはこれからも中居正広の活動を温かく見守っていただけますよう、何卒よろしくお願い申し上げます」と中居を送り出した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月21日のニュース