中居正広 退所会見(5)プラン真っ白「ホームページは作った方がいいんじゃないかって友達が言ってた」

[ 2020年2月21日 20:02 ]

一人で会見を仕切る中居正広(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 タレントの中居正広(47)が21日、都内で会見を開き、1986年に14歳で所属したジャニーズ事務所を3月末で退所すると発表した。国民的人気アイドルグループ「SMAP」解散から3年、新たなスタートを切る。

《中居に聞く》

――別のところに所属するという選択肢は

 「全然ないです。今、僕1人だけなんです。マネジャーも社員も誰も居ないんです。去年から動いてたら、(どこかから情報が)漏れちゃったら色んな人に迷惑がかかるので、派手に社員集めみたいなことも出来なかったです。この期間中に、今から3月いっぱいまでに集められればいいなと。どこの傘下に入るということもないです。もう本当に一人です」

――私達が会見場に入るのも一人で出迎えてくれた

 「なんか意味があったと思いますよ。司会者の人とか弁護士さんとか?わからないですけど、それくらいは1人でできるんじゃないかと。(記者会見を)1人でできたらいいなと。以前から、記者会見の時は自分が先にいた方がいいと思ってました。こちらがお呼びしているのに、自分が最後に出て来るのはどうなんだろうって。暗黙のルールなんですか?」

――事務所の営業もご自身で?

 「営業…。真っ先にこれをやりたいってこともないですし、今自分が描いている理想もないので。理想があれば準備も努力もすると思うんですけど。今、自分の理想の形が何も描かれてないので何にも分からないです。でも、ホームページ?ホームページってブログみたいなやつですか?違いますか?ホームページは作った方がいいんじゃないかって友達が言ってました」

――大変なのでは?

 「引き続きマネジャーさんが、窓口みたいなことはやってもらえるとのことなんで」

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月21日のニュース