東野幸治 “相方”今田耕司の仕事ぶりに「借金あるのかな?」

[ 2020年2月21日 13:30 ]

東野幸治(左)と今田耕司
Photo By スポニチ

 お笑い芸人の東野幸治(52)が20日、ニッポン放送の特別番組「佐久間宣行の東京ドリームエンターテインメント」(後8・00)に生出演。ユニット“Wコウジ”の相方・今田耕司(53)の仕事ぶりに驚きの声を上げた。

 かつて吉本興業所属のアイドルユニット「吉本坂46」のテレビ東京「吉本坂46が売れるまでの全記録」でMCを務めていた東野。1年で今田に交代した。東野も「今田さんやるの?」と驚いたといい、「今田さんの活動が最近、よう分からんのですけど、『借金あるのかな?』ってぐらい」と続けた。

 今田は現在、10本のレギュラー番組でMCを担当しており、そのほかにもさまざまなスペシャル番組でMCを務めるなど、仕事をしまくっている印象がある。東野は「チュートリアル徳井の穴を埋めるみたいな、深夜番組みたいなのもやったり…。『今田さん、どんだけ各局ネタ番組の司会すんの?』みたいな…」と苦笑。これは、番組のパーソナリティーを務めるテレビ東京プロデューサーの佐久間宣行氏(44)も思っていたようで「今田さん、もう引退しようとしてるんですかね」と指摘。東野は「もう最後なんかなって思って。M-1(の司会を)やってるから、ネタ番組はM-1だけで。持って生まれた貧乏根性か知らんけど。オファーがあったら、なんでもやるっていう、雑食というか…そう考えたら、俺、上品な部類やなって」とあ然とした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月21日のニュース