中居正広 退所会見(13)どうなる舞祭組プロデュース「あいつらは会社を絶対に辞めない方がいい」

[ 2020年2月21日 21:03 ]

ジャニー喜多川さんの遺骨をポケットに忍ばせて会見した中居正広(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 タレントの中居正広(47)が21日、都内で会見を開き、1986年に14歳で所属したジャニーズ事務所を3月末で退所すると発表した。国民的人気アイドルグループ「SMAP」解散から3年、新たなスタートを切る。

《中居に聞く》

 ――仕事をせずに休もうという思いは

 「SMAPの時って尋常じゃなかった。同時にレギュラー5、6本やりながら、ライブをやりながら、スポーツや司会をやりながら……と重ね重ねで当たり前のように3~4年前までやっていたので。すごいのんびりやっています。このサイクルも悪くないなと思いながらも。だからこそ、環境を変えようって感じた要因でもあると思うんですけど」

 ――今後ファンミーティングとか、会う機会をつくる予定は

 「ファンミーティングってなんですか?そんなのあるのかなあ。何やるんですか?僕のマネジメントやろうとしてます?そうですよね。考えないといけないですよね。ファンクラブって僕今あるの?ない?作るのかなあ。お金は取れないですよね。優先的なんでしょう、ファンクラブって何かを見る時とか。その期待に応えられないから作れないのかな」

 ――ファンはATMという感覚だった?

 「ああもうけっこう回収したんで。返さないといけないってことですか。ツケみたいなもんはどんな人でも回ってくるのかあって。お返ししなきゃ行けないってのはあると思うんですよね」

 ――舞祭組のコンサートにはサプライズで出てた

 「20秒くらい、30秒くらいですけどね」

 ――退所すると舞祭組のプロデュースもやれなくなる?

 「どうなんですかね?その辺もわかんないです。別に舞祭組に携われなくても僕は別にいいです。舞祭組にアドバイスするとしたら、あいつらは会社を絶対に辞めない方がいいです。やっていけない」

 ――松本人志さんに報告は?

 「この人には言ってたのにこの人には言ってないってなるとあれなんで。事前に言った人は本当に少ないです。仲の良い友達に言ってないですし。それこそ本人しかわからない距離ってありますから。あの人に言ってないのはどういうことだって思われるのも別にいいかなあと。ああ、ワイドナか」

 ――お金の支払いはどういうことに

 「来週、銀行に行くんですよ。会社が出来たんで。そういうの分からないので」

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月21日のニュース