中居正広、独立後もレギュラー番組継続「評判よければ続くし、悪ければ終わる」

[ 2020年2月21日 20:38 ]

一人で会見を仕切る中居正広(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 タレントの中居正広(47)が21日、都内で会見を開き、1986年に14歳で所属したジャニーズ事務所を3月末で退所すると発表した。国民的人気アイドルグループ「SMAP」解散から3年、新たなスタートを切る。

 中居は2016年12月末の「SMAP」解散後も事務所に残りソロ活動を続けた。現在、テレビでは「ザ!世界仰天ニュース」「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」「中居くん決めて!」「中居正広のニュースな会」「新・日本男児と中居」と5本のレギュラー番組に出演している。

 これまでの仕事やレギュラー番組は4月以降も続けるかという質問に「はい。でも今後なくなってしまうこともありますし“中居さんやろう”って人がいなくなるかもしれない。評判がよければ続くし、評判が悪ければ終わると思います」と冷静に答えた。

 「新しい地図」で活動する稲垣吾郎(46)草なぎ剛(45)香取慎吾(43)のテレビ出演について話が及ぶと「新しいことをやりたいという感じではないので、番組は継続させてもらいながらということだと思います。3人はネットとか新しいこともやっているので。僕もレギュラーが終わることもあると思う。俺だったら、それまでのタレントだったんだと思いますよ。“最近中居くん見ないね”ってなったら、そこまでのタレントなんじゃないかな」と語った。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2020年2月21日のニュース