東野幸治 ダウンタウン松本との共演は「もうお腹いっぱいです」

[ 2020年2月21日 12:59 ]

松本人志(左)と東野幸治
Photo By スポニチ

 お笑い芸人の東野幸治(52)が20日、ニッポン放送の特別番組「佐久間宣行の東京ドリームエンターテインメント」(後8・00)に生出演。お笑い番組「ダウンタウン」松本人志(56)と共演中のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)について語った。

 番組のパーソナリティーを務めるテレビ東京プロデューサーの佐久間宣行氏(44)から松本との共演について「『ワイドナショー』で十分ですか?」と聞かれた東野は「もうお腹いっぱいです」とキッパリ。番組での松本には「まだまだ若いなぁ、気持ち若いなぁ」と感心しつつ、毎週の収録については「毎週撮ってます。10分オーバーぐらいですよ、15分オーバーかっていうぐらいでやってる。独特なシステムで撮ってますから」と明かした。

 時事ネタを扱う番組だが「昔からああいうの好きなんですよ。時事ネタみたいな、松本さん、意外と。年齢かもわかりませんけど、自分の意見を意外と言いたいと思うんですよ」と東野。そんな松本との共演に「十数年ぶりですから、一緒にレギュラーやるの。ほとんどやってませんでしたから。ありがたい」と感謝しつつ、「そのおかげもあって、ただのフリーのアナウンサーみたいな感じになって、ただ仕切りを粛々とやる。(ディレクターが)『こんなこと聞いて欲しいんやろうな』っていうのを聞くような仕事をしてますから」と自身のポリシーを明かし、佐久間氏から「だから的確なんだな」と感心させた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月21日のニュース