中居正広、独立は「誰にも相談せずに1人で決めた」 松本人志に報告は?に…

[ 2020年2月21日 19:27 ]

一人で会見を仕切る中居正広(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 タレントの中居正広(47)が21日、都内で会見を開き、1986年に14歳で所属したジャニーズ事務所を3月末で退所すると発表した。国民的人気アイドルグループ「SMAP」解散から3年、新たなスタートを切る。

 30年にわたって所属した事務所を退所する理由について、SMAP解散後に次のステップへの意欲が湧かず「環境を変えないといけないと思った」とコメント。去年の5、6月ごろ事務所に退所を考えていると伝え、タイミングを見ていた時に、恩師であるジャニー喜多川さん(享年87)が体調崩したため、「僕のことどころではない」と退所の時期が伸びたと明かした。

 今後は完全独立し、19日に設立した会社「のんびりな会」で活動する。今回の決断について「どなたにも相談せずに1人で決めました。誰にもです。相談するといろんなことを言ってくれる。その期待に応えられるかも分からないですし。自分の中で懸念があったので、全て1人で決めました」と語った。

 親交のあるダウンタウン松本人志(56)の名が挙がると「この人には言っていたのに、この人には言ってないってなるのもアレなんで。事前に言った人は本当に少ないです。仲の良い友達にも言ってないですし。それこそ本人しか分からない距離ってありますから。あの人に言ってないのはどういうことだって思われるのも別にいいかなあと」と言及した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2020年2月21日のニュース