中居正広、退所後は「基本1人」 19日に個人事務所を登記、会社名は…

[ 2020年2月21日 18:50 ]

ジャニー喜多川さんの遺骨をポケットに忍ばせて会見した中居正広(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 タレントの中居正広(47)が21日、都内で会見を開き、1986年に14歳で所属したジャニーズ事務所を3月末で退所すると発表した。国民的人気アイドルグループ「SMAP」解散から3年、新たなスタートを切る。

 30年にわたって所属した事務所を退所する理由について、SMAP解散後に次のステップへの意欲が湧かず「環境を変えないといけないと思った」とコメント。去年の5、6月ごろ事務所に退所を考えていると伝え、タイミングを見ていた時に、恩師であるジャニー喜多川さん(享年87)が体調崩したため、「僕のことどころではない」と退所の時期が伸びたと明かした。

 中居は19日に個人事務所を登記し「基本は1人。どこの傘下に入ることもない」とコメント。「会社の名前?こういうところで言うような会社名じゃないんですよね。滑った感じになっちゃいそう。自分の活動するにあたって、もう言った方がいいですね。『のんびりな会』です。もうちょっと考えた方がよかったですね。のんびりやっていこうという考えもあるんじゃないでしょうか」と会社名を明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月21日のニュース