立会人・深浦康市九段、花月園“3冠”に 湾岸戦争の記憶も…

[ 2020年2月21日 05:30 ]

第69期大阪王将杯王将戦 7番勝負第4局第1日 ( 2020年2月20日    神奈川県箱根町・ホテル花月園 )

会場のホテル花月園(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 立会人を務めた深浦康市九段にとって、ホテル花月園は思い出深い地だ。

 三段時代の91年、第40期王将戦第1局で記録係となり、08年の第49期王位戦の最終局では、挑戦者の羽生善治名人(当時)を破り初防衛を果たした。今回の立会人で花月園“3冠”となり「91年には初日(1月17日)に湾岸戦争が始まり、両対局者とテレビを見た記憶があります」と振り返っていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月21日のニュース