東野幸治 Youtuberデビューの準備明かす「エージェント契約でやろうと」

[ 2020年2月21日 13:46 ]

お笑い芸人の東野幸治
Photo By スポニチ

 お笑い芸人の東野幸治(52)が20日、ニッポン放送の特別番組「佐久間宣行の東京ドリームエンターテインメント」(後8・00)に生出演。Youtubeデビューの準備を始めていることを明かした。

 最近では、テレビでのMCの仕事が増えており、ラジオのオファーもないことから「1年に1回ぐらい、芸人さんというか人前に面白いこととか、言いたいことを言いたいじゃないですか」と東野。「もうすぐ、俺、Youtubeを始めるんですよ。Youtubeでラジオやろうと思って」と明かした。

 「もう末期になってきて、録音でYoutubeで流そうと思って、ノイローゼみたいになってきている」ともらし、笑わせた。

 「さっき子どもがマイクを買ってきてくれて、スマホに付けて録音して、録音データを娘に送って、近々、Youtubeを立ち上げるから、そこに配信してもらえるように説明して、データを渡しました」と家族を巻き込んで用意していることを告白。「吉本が入ると、同じ人らでやってるし、何割かはお金も取る。それもかなわんなと思って、吉本とは一線を引いて、Youtubeはエージェント契約でやろうと思って、自分でもやろうと思って。せっき夕方15分しゃべってきました」と流れを説明した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月21日のニュース