巨人・木下が紅白戦最終回で3人斬り 今オフには楽天・涌井、中日・柳らと自主トレで技術磨く

[ 2021年11月24日 05:30 ]

白組・5番手の木下(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 育成1年目を終えた巨人の右腕・木下が存在感を見せた。紅白戦の最終回となった6回に登板。最速145キロの直球を軸に3者凡退に抑え「非常に投手らしい投手」と視察した原監督は評価した。

 このオフは同じ横浜出身の楽天・涌井、中日・柳らと千葉県内で自主トレを行う予定で「涌井さんには投球術、柳さんには投げ方を聞きたい。技術の底上げをしてキャンプに臨めたら」と頼れる先輩の助言を肥やしとする。

続きを表示

「始球式」特集記事

「水島新司」特集記事

2021年11月24日のニュース