広島・誠也 惜別メッセージ「もし米国に行けば、しっかりと頑張ります」、オンラインファン感謝デーで

[ 2021年11月24日 05:30 ]

オンラインでのファン感謝デーでファンにメッセージを残した広島・鈴木誠也

 広島がオンラインでのファン感謝デーを実施し、大リーグ移籍を目指す鈴木誠も参加。今回が広島のユニホーム姿の見納めとなる可能性もある中、「もし米国に行けば、しっかりと頑張ります。カープでお世話になることになれば、たくさんの声援をお願いします」とメッセージを残した。

 過去のファン感謝デーでは盛り上げ役を担ってきた。今年もコロナ下を考慮してオンラインで実施されたことで、マツダスタジアムでの開催は2年連続で見送り。「気を張らずにグラウンドに立てるのはファン感謝デーしかない。いつもと違った感覚で立てて、すごく楽しかった思い出がある」。有観客の球場であいさつできなかったことを残念がった。

 23日は米大手エージェント会社「ワッサーマン・メディア・グループ」との契約締結が発表された。注目される交渉状況については「あまり情報も入ってきていない。いままで通りです」と話すにとどめた。米大リーグ機構(MLB)と選手会の労使協定を巡る交渉が難航中。鈴木誠の移籍にも影響を及ぼす可能性がある中、ナインはメジャーでの活躍に期待。同学年の西川は「(鈴木誠は)いないものと考えて、何とかチームを引っ張っていけるようにしたい」と決意を新たにした。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年11月24日のニュース