阪神・大山 秋季練習最終日も早出特守 守備力向上へ連日の特訓

[ 2021年11月24日 10:22 ]

<阪神秋季練習>他の選手がアップをするなか、三塁で早出特守を受ける大山(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 阪神・大山悠輔内野手(26)は秋季練習最終日となった24日も三塁で早出特守を行った。約2週間の期間中はほぼ毎日、三塁で特守を行ってきたが、最終日のこの日も、全体アップから離れてノックを受けた。

 来季を見据えて秋季練習では外野にも挑戦するなど、守備中心に強化を図ってきた。初日に「やることはたくさんある。一日、一日、一球、一球を無駄にしないように」と話した通り、しっかり課題と向き合った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年11月24日のニュース