中畑清氏 守護神復活させたヤクルト・高津采配 第1戦で打たれたマクガフ 今後もメド立った

[ 2021年11月24日 05:30 ]

SMBC日本シリーズ2021第3戦   ヤクルト5―4オリックス ( 2021年11月23日    東京D )

<ヤ・オ>9回を締めたマクガフ(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 【中畑清氏 シリーズ大分析2】内角攻めでいえば、1点リードの9回2死一、三塁でのマクガフ―中村のヤクルトバッテリーは見事だったね。吉田正を申告敬遠し、3打席目に一発を打っていた杉本と勝負。1球目、2球目と内角に直球を投げ込み、詰まった一ゴロに抑えた。

 これだよ、これ。短期決戦。たとえ球場が狭くても、この勇気が絶対に必要なんだよ。

 第1戦で1死も取れずに逆転サヨナラ負けを喫したマクガフを起用した、高津監督の采配にもしびれたね。一度は打たれた。ただ、シリーズを通してみれば守護神の復調は必要不可欠。そのためには、同じような場面で抑えてもらうしかない。揺るぎない信頼感とともにそれを演出するのが指揮官の仕事。これでマクガフは今後もメドが立った。逆に、この日出番のなかった「8回の男」清水の状態の方が気になるね。

 同じような起用法は中嶋監督にもあった。5回に一度は逆転を許したバルガスを、6回も続投。延長12回も見据え、簡単に「ダメ出し」をしない。いかに戦力を生かすか、の采配が透けて見えた。(スポニチ本紙評論家)

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年11月24日のニュース