真中氏「2015」背番で自身初の始球式 カーブで狙ったストライクも…

[ 2021年11月24日 05:30 ]

SMBC日本シリーズ2021第3戦   ヤクルト5―4オリックス ( 2021年11月23日    東京D )

始球式に登場した2015年優勝監督の真中満氏(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 6年前のヤクルトのリーグ優勝監督である真中満氏が始球式を務めた。前回優勝した「2015」年の背番号のユニホーム姿で登場。

 自身初の始球式でノーバウンド投球を見せたが「カーブでストライクを取ろうとしたんですが、(捕手の)中村が思わず立ってしまったので、座っていたらストライクだったはずです」と悔しがった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年11月24日のニュース