×

国学院大・武内 公式戦初先発で完封 2年生左腕が初の4強導く

[ 2021年11月24日 05:30 ]

明治神宮野球大会第4日 大学の部準々決勝   国学院大4-0九産大 ( 2021年11月23日    神宮 )

<国学院大・九産大>3安打完封勝利を挙げ笑顔の国学院大の先発・武内(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 国学院大の身長1メートル85の2年生左腕・武内が公式戦初先発で3安打完封勝利を挙げ、チームを初の4強入りに導いた。

 140キロ台前半の直球と鋭く落ちるチェンジアップを軸に、8回2死から左前打を許すまで完全投球。107球で8三振も奪い「打者の様子を見ながら投げられた」と大きく胸を張った。日本一まで残り2勝とし「全員野球で4年生を勝たせたい」と意気込んだ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年11月24日のニュース