×

「1年生四天王」大阪桐蔭・前田 クレバー7回2失点、2被弾にも動じず神宮大会初Vへ王手

[ 2021年11月24日 05:30 ]

明治神宮野球大会第4日 高校の部準決勝   大阪桐蔭9ー2九州国際大付(7回コールド) ( 2021年11月23日    神宮 )

<大阪桐蔭・九州国際大付>力投する大阪桐蔭先発の前田(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 1年生らしからぬ落ち着いた投球だった。大阪桐蔭の左腕・前田悠伍が7回2失点で完投。ソロ2発を浴びたが動じなかった。

 2回先頭で同じ1年生の佐倉に高校初被弾。直球を右越えに運ばれて「打席に立ったら威圧感、雰囲気があった。同じ1年生として負けられない意識が強く、高めに浮いて打たれた」と悔しそうに振り返った。同点とした3回にも黒田に右越えへ運ばれたが「2年生が最後まで声掛けをしてくださったので、それにうまく乗っかっていけました」と気持ちを切り替えて力投。佐倉との2、3打席目の対戦はいずれも三振に斬るなど修正力の高さを見せ、5回以外は三振も毎回奪った。

 春夏8度の甲子園大会優勝を誇る西の横綱も、神宮大会での優勝はない。背番号14の1年生が、新たな歴史の扉に手を掛けた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年11月24日のニュース