×

ガックリ…オリ・吉田凌“まさかの”サンタナ弾に思わず膝をついた 継投はまらず中嶋監督も苦言

[ 2021年11月24日 05:30 ]

SMBC日本シリーズ2021 第3戦   オリックス4ー5ヤクルト ( 2021年11月23日    東京D )

<ヤ・オ>7回、サンタナに2ランを許し、膝をつく吉田凌(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 杉本、吉田正の中軸2人で勝利への扉を開いた直後の悪夢だった。1点リードに変わった7回に4番手でマウンドに上がったのは3試合連続登板となるオリックス・吉田凌。先頭の青木に右前打され2死までこぎつけたが、最後は助っ人パワーに屈した。2ボールから得意球のスライダーをサンタナに右中間へ逆転2ランを被弾。前打席までチームとして11打席無安打に封じていた男に痛打され、捕手の若月は立ったまま天を仰ぎ、吉田凌は座り込んで右膝をついた。

 シリーズ3試合目で初めて先制したが、早めの継投を強いられたのが誤算だった。先発の田嶋が92球を要し5回1死一塁で降板。救援した比嘉は山田を遊ゴロに仕留めたまでは良かった。だが、3番手のバルガスは村上、サンタナに連続四球を与え2死満塁。中村に中前に逆転の2点打を許し、守備の乱れも重なり一挙に3点を失った。中嶋監督も「フォークボールがしっかり投げられる投手。四球、四球までは思ってなかった。2人とも勝負してほしかった」とバルガスの逃げの姿勢に苦言を呈した。

 1、2戦はともに先発投手が好投した一方で、救援陣はヒギンスとバルガスがともに失点し不安を残していた。そんな中で吉田凌は2試合で計1回1/3を無失点で3奪三振。結果を残していただけに、責めることはできない。4戦目以降も、この日と同様の試合展開が予想され、救援陣の踏ん張りが求められる。一度も登板していない守護神・平野につなぐ、本来の「勝利の方程式」の早期形成が必須になってきた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年11月24日のニュース