中畑清氏 オリックス・吉田正を目覚めさせてしまったヤクルト 内角攻めで2三振、その後外角球で2安打

[ 2021年11月24日 05:30 ]

SMBC日本シリーズ2021 第3戦   ヤクルト5―4オリックス ( 2021年11月23日    東京D )

<ヤ・オ>7回、適時二塁打を放ちポーズする吉田正(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 【中畑清氏 シリーズ大分析3】貴重な白星で2勝1敗としたヤクルトだけど、最も警戒しているオリックス・吉田正を目覚めさせてしまった。これも4戦目以降に大きな影響を及ぼすだろうね。

 初回2死の第1打席は3球目まで鋭く内角を突き、最後は縦の変化球であるチェンジアップで空振り三振。3回1死満塁でも2球目に内角高めの厳しいボールを見せ、今度はフォークで空振り三振に斬った。「内角→縦」の変化で視線を上下させて2打席連続三振。この時点でシリーズ11打数1安打だったのに、その後は外角球を2安打された。勝負に徹しきれなかった。

 吉田正は右尺骨の骨折から復帰したばかり。ここまで本当に引っ張った打球はなく、フルスイングというよりミートに徹している印象だ。打者心理としては、内角球に詰まりたくない。無意識の「怖さ」があるはずだよ。外角球には詰まる怖さがなく、2安打はいずれも逆方向へのものだった。4戦目以降、ヤクルト投手陣と吉田正による内角球を巡ってのつばぜり合いにも注目したいね。(スポニチ本紙評論家)

 ≪三振数の少ない吉田正≫2年連続首位打者に輝いた吉田正は三振数も少なく、レギュラーシーズンではわずか26。規定打席に達した選手では両リーグで最少だった。1試合3三振以上は一度もなく、同2三振は3度だけ。2打席連続三振はたった一度だった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年11月24日のニュース