オリックス 第4戦の先発は「山崎颯」 中嶋監督「あしたは山崎」の“煙幕”も大方の予想通り

[ 2021年11月24日 17:27 ]

SMBC日本シリーズ2021第4戦   オリックスーヤクルト ( 2021年11月24日    東京D )

<日本S ヤ・オ(4)> キャッチボールで調整する山崎颯(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 オリックスの第4戦の先発は山崎颯一郎だった。

 山本、宮城、田嶋と第3戦までは“一人予告先発”を実行中だった中嶋監督だが、前夜の試合後は「あしたは山崎」とだけ予告。右の山崎颯一郎と左の山崎福也がスタンバイしており、実質は煙に巻いていた状態だったが、大方の予想どおり23歳の山崎颯が正解。

 41歳のヤクルト・石川雅規との18歳差は、10年第4戦での45歳中日・山本昌と21歳ロッテ・唐川侑己の24歳差に次ぐ年齢差の対決となる。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年11月24日のニュース