ヤクルト・石山 気迫回またぎ「意気に感じた」1回1/3零封

[ 2021年11月24日 05:30 ]

SMBC日本シリーズ2021第3戦   ヤクルト5―4オリックス ( 2021年11月23日    東京D )

<ヤ・オ>7回2死満塁、ジョーンズから三振を奪い雄叫びを上げる石山(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 ヤクルトに逆転勝利を呼び込んだのは今シリーズ初登板の石山だ。3―4の7回2死満塁で4番手で救援し、代打のジョーンズをフォークで空振り三振に仕留めピンチを脱した。直後にサンタナの決勝2ランが飛び出すと、8回もイニングまたぎで登板し1回1/3を無失点で勝ち投手となった。

 「あそこで使ってもらい意気に感じた。今までみんなに助けられていた分、助けることができた」と声を弾ませた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年11月24日のニュース