ヤクルト・ライアン 2ラン被弾も粘投 高津監督「よくゲームをつくった」

[ 2021年11月24日 05:30 ]

SMBC日本シリーズ2021第3戦   ヤクルト5―4オリックス ( 2021年11月23日    東京D )

<ヤ・オ>2ラン被弾も粘投を見せた小川(撮影・白鳥 佳樹) 
Photo By スポニチ

 ポストシーズン初登板となったヤクルトの先発・小川はチームが3―1と逆転した直後の6回に杉本に同点2ランを被弾。「何とか粘って投げていたが、最後の本塁打は凄く悔しい」と唇をかんだ。

 それでも勝ち越しは許さず、6回を5安打3失点。粘投した右腕について、高津監督は「よくゲームをつくった」と評価していた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年11月24日のニュース