ヤクルト―阪神は開催 虎スタメン余儀なく変更 コロナ感染などで10選手登録抹消の影響で

[ 2020年9月25日 17:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト―阪神 ( 2020年9月25日    神宮 )

阪神・荒木
Photo By スポニチ

 阪神は新型コロナウイルス感染が判明した糸原、陽川ら濃厚接触者も含め10選手を出場選手登録を抹消したことに伴い、スタメンも変更。荒木が2番・二塁で今季先発。遊撃には小幡が入った。先発の西勇は現在2試合連続完封勝利しており、球団では66年バッキー以来の3試合連続完封を目指す。

 【阪神】
 1(中)近本
 2(二)荒木
 3(右)糸井
 4(左)サンズ
 5(三)大山
 6(一)ボーア
 7(捕)坂本
 8(遊)小幡
 9(投)西勇

 【ヤクルト】
 1(右)坂口
 2(左)青木
 3(二)山田哲
 4(一)村上
 5(中)浜田
 6(遊)西浦
 7(三)エスコバー
 8(捕)西田
 9(投)高梨

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月25日のニュース