オリックスまたコロナ感染 2軍竹安、左沢に続き2人目…25日ウエスタン広島戦中止濃厚

[ 2020年9月25日 05:30 ]

オリックス・竹安
Photo By スポニチ

 再び「コロナ禍」が球界に魔の手を伸ばし始めた。オリックスは24日、竹安大知投手(25)が新型コロナウイルスに感染したことを発表した。22日に2軍首脳陣、選手、スタッフを対象にPCR検査を実施。この日夜に検査結果が出て、竹安だけが陽性と判定された。現在、本人は無症状で熱もないものの、自宅待機している。

 竹安は20、22、23日と舞洲での2軍練習に参加。休日だった21日、自宅待機のこの日を含めて、球団施設と自宅以外での行動履歴はない。前日(24日)には、左沢優投手(25)の感染が判明したばかり。管轄の保健所が2人の濃厚接触者を特定するまで2軍関係者は自宅待機を続ける一方、ともに1軍選手、関係者との接触は認められないため、25日の日本ハム戦(京セラドーム大阪)は予定通り実施される。

 森川球団本部長は「両選手にヒアリングした結果、マスクをせずに15分以上の会話をするといった濃厚接触にあたることはない」としたうえで、「感染源は不明」と続けた。25日にウエスタン・リーグの広島戦(由宇)があるものの「こういう状況なので移動ができないことは広島に伝えた」とし、中止が濃厚だ。

 NPBは19日に観客動員の上限を引き上げるなど、球界全体が“規制緩和”に向かう中での衝撃。今後、他球団にも影響が及ぶようなら、この流れにブレーキがかかる可能性は高い。

 ◆竹安 大知(たけやす・だいち)1994年(平6)9月27日生まれ、静岡県出身の25歳。高校は二松学舎大付1年時に伊東商へ転校。甲子園出場なし。社会人の熊本ゴールデンラークスを経て15年ドラフト3位で阪神入り。17年10月5日中日戦に救援しプロ初登板勝利。18年オフにオリックス移籍。1メートル83、83キロ。右投げ右打ち。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月25日のニュース