中日・石垣 代打でプロ1号!38打席目で…「時間がかかりましたが、とても嬉しい」

[ 2020年9月25日 19:10 ]

セ・リーグ   中日―巨人 ( 2020年9月25日    東京D )

<巨・中>3回無死、左越えソロを放った代打・石垣はナインに迎えられる(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 中日・石垣がプロ初本塁打を放った。

 1―6の3回、代打で打席に立つと、サンチェスの2球目、高めカットボールを振り抜いた。ライナー性の打球は左翼席最前列に着弾。

 プロ38打席目で飛び出した待望の初アーチに「1軍でホームランを打つまでに時間がかかりましたが、とても嬉しいです。これから1本でも多く打てるように頑張ります」と喜んだ。

 石垣は酒田南から16年ドラフト3位で中日に入団。今季はウエスタン・リーグで打率・368と好成績を残し、今月9日に今季2度目の1軍昇格を勝ち取った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月25日のニュース