阪神 コロナ感染の浜地、19日にチームメート4人で会食

[ 2020年9月25日 10:37 ]

阪神・浜地
Photo By スポニチ

 新型コロナウイルス感染が判明した阪神・浜地真澄投手(22)の直近の行動履歴を球団が発表した。

 9月19日は1軍本隊に同行。ナゴヤドームにて中日戦に出場した。試合後、名古屋市内の飲食店の個室でチームメート3人と計4人で外食した。球団は遠征時の外食について、各地の感染拡大状況等を考慮し、広島・名古屋遠征時の球団指定日に限り(9月は19日のみ)、球団関係者および家族との外食を許可しており、外食時は個室、人数は4名まで、2時間程度の制限を設け、マスク必着、食事前後の手洗い・うがい、手指の消毒を徹底など独自のガイドラインを設けていた。

 20日以降の行動履歴は以下の通り。

 ・20日 ナゴヤドームにて中日戦に帯同。試合前練習のみに参加(試合はベンチメンバー外)・公共交通機関を利用して帰寮。
・21日 寮から公共交通機関を利用して山口県内のチーム宿舎へ移動。
・22日 ウエスタン・リーグ広島戦に出場。
・23日 ウエスタン・リーグ広島戦にベンチ入り(試合出場無し)。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月25日のニュース