ロッテ拙攻12残塁で今季6度目零敗 井口監督切り替え「まだ2位だし貯金もある」

[ 2020年9月25日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ0-3楽天 ( 2020年9月24日    楽天生命パーク )

<楽・ロ>5回2死満塁で井上は空振り三振。ベンチの井口監督(左)も険しい表情(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 ロッテは7回まで毎回得点圏に走者を進めるも12残塁で今季6度目の零敗。今季初の同一カード3連戦3連敗となった井口監督は「ポイントゲッターの選手がことごとく三振になった」と嘆いた。

 マーティン、井上がともに3三振でブレーキとなり、打線全体では15三振。25日からは本拠地で2ゲーム差の首位・ソフトバンクと直接対決。起爆剤として右大腿二頭筋を痛めていた荻野が約2カ月ぶりに1軍復帰の予定で指揮官は「まだ2位だし貯金もある。切り替えて頑張る」と力を込めた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月25日のニュース