中日・柳 今季ワースト2回6失点降板 巨人打線の勢い止められず…「申し訳ないです」

[ 2020年9月25日 19:02 ]

セ・リーグ   中日―巨人 ( 2020年9月25日    東京D )

<巨・中>2回2死一、二塁、岡本(右)に右越え3点本塁打を浴びた柳(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 中日の先発・柳が今季ワーストとなる2回6失点で降板した。

 立ち上がりに先頭・吉川尚から3連打を浴びるなど3失点。2回も2死から一、二塁のピンチを招き、岡本に3ランを浴びた。3回に打順が回ってきたところで代打を送られ降板。

 2回は今季最短、6失点も今季ワースト。前回18日の阪神戦で5失点した右腕は「必死に頑張ります」と誓い、マウンドに上がったが、巨人打線に飲み込まれた。

 ▼中日・柳 申し訳ないです。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月25日のニュース