×

鷺宮製作所・平川 救援で3ラン被弾 最速も143キロ止まり「納得いく球ではない」

[ 2020年9月25日 05:30 ]

都市対抗野球 東京2次予選   鷺宮製作所2ー5明治安田生命 ( 2020年9月24日    大田 )

<鷺宮製作所・明治安田生命>最速143キロ止まりだった平川(撮影・柳内 遼平)
Photo By スポニチ

 最速151キロを誇る今秋ドラフト候補右腕の鷺宮製作所・平川は7回途中から3番手で登板。0―2の8回に5番・大野に3ランを浴び、1回1/3を3失点だった。

 最速も143キロ止まりで「実質負けをつけてしまった。(打たれた球は)納得いく球ではない。切り替えていきたい」と話し、岡崎淳二監督は「第2代表を狙えるチャンスはまだある」と巻き返しを誓った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2020年9月25日のニュース