骨折乗り越え…巨人・小林が3カ月ぶりスタメン復帰! 今季初安打なるか

[ 2020年9月25日 18:00 ]

セ・リーグ   巨人―中日 ( 2020年9月25日    東京D )

<巨・中>試合前のノックを受ける小林(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 巨人の小林誠司捕手(31)が25日の中日戦(東京D)で約3カ月ぶりにスタメン復帰した。「8番・捕手」に入り、今季5勝目を目指す先発右腕・サンチェスとバッテリーを組む。

 小林は今季開幕第3戦となった6月21日の阪神戦(東京D)で4回に続いて5回に2打席連続死球を受け、左尺骨骨折と診断されて23日に出場選手登録抹消。

 リハビリを経て9月18日に再登録され、同日のDeNA戦(横浜)に代打で登場したが、空振り三振だった。今季はここまで3試合で計6打席に立ち、4打数ノーヒット。骨折を乗り越え、スタメン復帰を果たした小林に今季初安打が出るか注目される。 

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月25日のニュース