中日5連勝でストップ…柳が大誤算2回6失点KO 打線は7回反撃機逃す

[ 2020年9月25日 21:19 ]

セ・リーグ   中日4―8巨人 ( 2020年9月25日    東京D )

<巨・中>初回無死一、二塁、坂本勇に適時打を許す中日・柳 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 中日は先発・柳が2回6失点の大乱調。連勝が5で止まった。

 先発右腕は初回に3点を失って逆転を許すと、2回には岡本に3ランを被弾。今季最短で降板した。

 打線は3回に柳の代打で出場した石垣がプロ初本塁打を放つなど、こつこつと得点を重ね、序盤の大量失点を取り返そうと必死に反撃した。

 しかし、4―7の7回無死一、二塁の好機で京田、遠藤、ビシエドの上位打線が凡退と、最大の反撃機を逸すると、8回2死一、二塁では木下拓が中飛。追いつく力は残っておらず、首位・巨人に敗れた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月25日のニュース