筒香歓喜!レイズが10年ぶり地区優勝 チーム2位の8本塁打&23打点で貢献

[ 2020年9月25日 02:30 ]

インターリーグ   レイズ8―5メッツ ( 2020年9月23日    ニューヨーク )

<メッツ・レイズ>ア・リーグ東地区優勝を決めて喜ぶ筒香(右)らレイズナイン(AP)
Photo By AP

 レイズが10年以来3度目の地区優勝を果たした。筒香は1番でフル出場し、無安打ながら1四球1得点。打率は1割台ながら、8本塁打、23打点はともにチーム2位で貢献した。打順は2、8番以外は全て経験。筒香以外でも、従来の枠にとらわれず、各選手の好不調を見極める柔軟な戦法が光った。

 ケビン・キャッシュ監督は「勝つすべを見つけて仲を深め、互いを助け、いいチームになった」と胸を張った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月25日のニュース