阪神・西勇3試合連続完封ならず 初回、青木に同点弾許す

[ 2020年9月25日 18:27 ]

セ・リーグ   ヤクルト―阪神 ( 2020年9月25日    神宮 )

<ヤ・神>初回1死、青木に右越えにソロ本塁打を浴びた西勇(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 阪神先発・西勇の偉業達成はわずか2人で断たれた。

 1―0の初回1死から2番・青木に内角スライダーを右翼席に運ばれ、同点のソロ本塁打を被弾した。この試合前まで2試合連続完封勝利中で3試合連続完封となれば球団では66年・バッキー以来、54年ぶりの記録となったが、序盤に打ち砕かれた。

 西勇は9月4日の巨人戦の8回以降点を許していなかったが、20イニングぶりの失点となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月25日のニュース