61度目の出場! 日本生命、7回打者10人の猛攻で快勝 “最後の1枠”滑り込み

[ 2020年9月25日 05:30 ]

都市対抗野球 近畿第5代表決定戦   日本生命6ー1ニチダイ ( 2020年9月24日    シティ信金スタ )

<ニチダイ・日本生命>61度目の出場を決め喜ぶ日本生命ナイン
Photo By スポニチ

 日本生命は近畿地区最後の1枠となる第5代表に滑り込み、全国最多61度目の都市対抗出場を決めた。

 同点の7回1死満塁から広本の遊ゴロの間に勝ち越し、なおも2死満塁から15年目の代打・高橋英が中前適時打で続き、打者10人の猛攻で5得点。10年目の藤井は5回2死一、二塁で救援し4回1/3を1安打無失点に抑えた。

 十河章浩監督は「出れば第1代表も第5代表も同じ。日本一を目指します」と力強く話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月25日のニュース