×

阪神 “激痛”8・5差で3位後退 遠のく巨人 近本が木浪が痛恨失策 チーム7戦連続失策に深刻貧打

[ 2020年9月8日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神2ー3巨人 ( 2020年9月7日    甲子園 )

<神・巨(13)> 3回1死満塁、松原の中飛を捕球した近本は本塁へ悪送球し1点を失う (撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 阪神は7日の巨人戦に2―3で敗れ、ゲーム差は8月20日以来となる今季最大タイの8・5差に広がった。3回に近本光司外野手(25)の本塁悪送球で先制を許すと、4回も木浪聖也内野手(26)の失策から2点目を献上。チームとして12年以来8年ぶりとなる7試合連続失策が致命傷となった。これで今季の同戦13試合のうち2点以下は11度目。攻守で本来の姿が影を潜めた矢野阪神が、V奪回へ向けて危機的状況に追い込まれた。

 最後の打者となった大山が二塁併殺打に倒れた瞬間、矢野監督は明らかに肩を落とした。7・5差を少しでも詰めるはずが、終わってみれば痛恨のカード負け越し。終盤の反撃及ばず、巨人戦は3勝10敗となった。勝敗を分けたのは、たった1点。両者のわずかな差が、V奪回を危機的状況にまで陥らせた。

 「近本で負けたかなと思ってます。大事な試合でこのような結果っていうのは悔しい」

 指揮官は珍しく個人名を出して、敗因を挙げた。痛恨のワンプレーは3回1死満塁。松原の詰まった中飛は強い逆風もあり、やや左中間寄り遊撃手の後方で捕球した。三塁走者の大城も本塁突入を自重する姿勢を見せていたが、近本の本塁送球は捕手・梅野の頭上を越えバックネット裏のフェンスで跳ね返った。状況判断を欠いた適時失策。簡単に先制点を献上した。

 「本当にやってはいけないミスをしてしまった。あのプレーで負けてしまった」

 負けられない一戦の重圧が手元を狂わせたのか。近本は痛恨の悪送球を猛省した。だが、負の連鎖は止まらなかった。続く4回も無死から岡本が放った遊撃へのゴロを木浪が後逸。チーム51個目の失策から1死二、三塁を招くと、大城の中犠飛で2点目を失った。失敗を取り返したかったが、今度は慎重になりすぎた。送球が本塁到達まで3バウンドする間に、生還を許した。

 打線も精彩を欠いた。故障明けのメルセデスに対し、6回まで2安打零封。6安打2得点では勝機をつかむことは難しかった。これで巨人戦13試合のうち、2得点以下が11度目。拙守だけではなく、貧打もまた、8・5差の要因と言っていい。

 「(近本の失策も)いつも“終わったことは変えられない。これからは変えられる”と言っている。近本自身が成長して、残りの試合でどうやって勝たせていくか、そういうことが求められる」

 ダメージの大きい敗戦にも、矢野監督は近本を思いやった。その言葉はチーム全体へのメッセージでもあり、直接対決はまだ11試合残されている。「一戦必勝しかない」。ファイティングポーズを崩すつもりは、さらさらない。 (山本 浩之)

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2020年9月8日のニュース