×

巨人・原監督 大胆継投策にどよめき ボーア打席途中に大竹→大江

[ 2020年9月8日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人3―2阪神 ( 2020年9月7日    甲子園 )

7回、ボーアに大ファウルを打たれた直後に降板を告げられた巨人・大竹(右)
Photo By 共同

 巨人・原監督の大胆な継投策に甲子園がどよめいた。3―0の7回2死一、三塁。右腕の大竹が左打ちのボーアにカウント1―2とした場面で、ベンチを出る。横手左腕の大江の投入を告げた。

 「勝負イニングだと思った。“カウント2ストライクあるいは2ストライク1ボールならば、大江”と言っていた。勇気はいりましたが有言実行した」。直前に右翼ポール際に大ファウルを打たれての交代だったが、事前に宮本投手チーフコーチと相談済みだったことを明かした。

 大江は8月28日の中日戦でも打席途中で鍵谷からバトンを受け、三振に斬った。今回は三塁強襲安打で1点を返されたが、後続を断って最少失点で切り抜けた。阪神の追い上げを食い止めて40勝に両リーグ一番乗りし、2位・DeNAとのゲーム差は8。リーグ連覇へと、また一歩進んだ。(青森 正宣)

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2020年9月8日のニュース