×

阪神・近本 前夜のリベンジ 本塁への好返球で逆転を阻止

[ 2020年9月8日 20:20 ]

セ・リーグ   DeNA―阪神 ( 2020年9月8日    横浜 )

<D・神>6回2死二、三塁、大和の打球をさばいた近本は本塁に好返球で二塁走者の生還を阻止する(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 7点あったリードを6回に一気に追いつかれた阪神だが、前夜に痛恨の悪送球を犯した近本の好返球によって逆転は阻止した。

 1点差の2死二、三塁で岩貞が大和に中前打を浴び、三塁走者が生還して同点に。二塁走者の中井も本塁を狙ったが、近本が本塁に素早くワンバウンドで返球してクロスプレーとなり、判定はアウトに。ラミレス監督のリクエストも判定が覆ることはなかった。

 近本は前日7日巨人戦の3回1死満塁で松原の浅い中飛を捕球した後、本塁への返球が“大暴投”となり先制点を献上。矢野監督からは「僕はいつも『終わったことは変えられない。これからは変えられる』と選手に言っているので。近本自身が成長して、近本自身が残りの試合でどうやってチームを勝たせていくか、そういうことが求められる」と奮起を促されていたが、一夜明けて早速取り返す大きなプレーとなった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2020年9月8日のニュース